FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生秘話

広島高陽リトルシニアは、2010年Pacific Sports Club中等部硬式野球部として設立しました。


NPO法人Pacific Sports Clubのトレーニング部門に参加していた野球選手の保護者から、
「体を一番に考える野球チームがあったらいいのに。」との要望があったことがきっかけでした。


彼は某硬式野球部に所属していた選手でしたが、中学1年で腰が痛くなり、
病院で「脊椎分離症」と診断されました。

「もうプロ野球選手は諦めたほうがいい」
「趣味で野球をしたら?」


医者の言葉はプロ野球選手を夢見ていた中学生の彼には残酷でした。

しかし、悩んでいた最中、Pacific Sports Clubのトレーナーとの出会いがあり、

「コルセットのように、脊椎の周りに筋肉の鎧をつけたら、ちゃんと野球は出来る。
その為にはきちんとトレーナーに管理された中学硬式野球用のトレーニングをしなくてはいけない。」

と言う事を教えてもらったのでした。

中途半端なトレーナーでは脊椎分離症を抱えた成長過程の中学生にトレーニングをさせることは逆に悪くする可能性が高く、非常に怖い事です。
超一流であるからこそ、それをプログラムできる。
そんな超一流トレーナーが一般人を見てくれる事など普通は出会いも無ければ、費用的にも不可能です。

それを「子供達の夢を途中で絶つことの無いチームを作りたい」と快く引き受けて頂けたからこそ、
広島高陽リトルシニアは県内初のトレーナー常駐の体を大切にする野球部として設立できたのです。

そして、ゆっくりでは有るけれど、一人、又一人と趣旨に賛同してくださる
選手・保護者の方々が集まり、2011年登録の運びとなりました。

シニアリーグでは地域名でしか登録を認められないとのことで、設立当初から慣れ親しんだ

「Pacific Sports Club中等部硬式野球部」から「広島高陽リトルシニア」へと球団名を変更しました。


発端となった彼は、野球部登録には間に合わ無かったけれど、無事に次のステップ、高校野球へと進んでいきました。
「広島高陽リトルシニアで野球を出来るみんなが羨ましい。」
との言葉を残して。

きっと彼の言葉を選手みんな、心に重く受け止めている事でしょう。

私達スタッフも広島で彼のような純粋に野球をしたいだけなのに、
怪我で夢を諦めなくてはいけないそんな子供を絶対に作らないよう、
選手の体と心を一番に考えて、今後一層進んでいきたいと思っています。

hk23.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高陽シニア

Author:高陽シニア
広島・高陽リトルシニアは
2011年度シニアリーグに加盟!!
中学生の硬式野球部です。
<< 随時 体験受付中!!>>
「硬式は体を壊す」との風評がありますが、それは硬式野球を出来るだけの体をトレーニングで作らず、投球制限も、天候や気温によるダメージを考慮せずに無茶な野球を行った結果起こる物です。
高陽シニアは本気でプロ野球選手を目指す選手が怪我で夢を諦める事が無い様に、上の野球が出来る体作りを一番に行います。
<御問い合わせは事務局まで>
事務局  携帯 090-1805-3341(ショートメール可)

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。