スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年  春季大会始まる

いよいよ春季大会が始まりました。

しかし、春季とは名ばかり、午前7時30分、
大会会場は一面霜が下り、水たまりは氷が張って、風は身を切る寒さ。

第一試合だったので早くに会場入りをしたからではあるのですが、
寒い時に試合は、怪我をしないかとヒヤヒヤします。

しっかりウォーミングアップして、リスクを減らします。
しっかりアップし、怪我のリスクを減らします


寒い地域にグランドがあるので雪や雨でグランドで全く練習できていません。

その分、弱みを強みに変えるため、沢山のサインをしっかり覚え、
監督の戦術を実践できるだけの知識を身に付けるべく
ルール勉強会を重ね、体育館でトレーナーに管理されたメニューで体をしっかり鍛え、
お母さんたちには成長期のサポートをしていただくためのスポーツ栄養学の勉強会をしてきました。

また、怪我人も多く、本当にヒヤヒヤしたのですが、冬にしっかりケアを行ってきたので、
なんとか皆回復し、試合に臨むことができる体制になりました。

「監督ならあそこの場面はスクイズで走らせると思ったのに、、、、。なんで?」
との質問に

中学で潰れてしまっては意味がない。

という 設立当初の理念通り、
監督は

「体に不安のある子には無理はさせない。だからあの場面ではさせなかった。」

と言われていました。

なんとか今回は勝つことができましたが、

勝った、負けたは目的ではない。

勝ったら、子供の手柄。
負けたら監督が教えて無かった責任。


という監督の野球指導歴40年間、ブレないその姿勢に、頭が下がります
結果

試合になると自分の練習時間が減ってしまうと悔しがってはいましたが、
もうすぐ高校野球へ旅立つ先輩達に
最高の餞ができたのではないでしょうか?







スポンサーサイト
プロフィール

高陽シニア

Author:高陽シニア
広島・高陽リトルシニアは
2011年度シニアリーグに加盟!!
中学生の硬式野球部です。
<< 随時 体験受付中!!>>
「硬式は体を壊す」との風評がありますが、それは硬式野球を出来るだけの体をトレーニングで作らず、投球制限も、天候や気温によるダメージを考慮せずに無茶な野球を行った結果起こる物です。
高陽シニアは本気でプロ野球選手を目指す選手が怪我で夢を諦める事が無い様に、上の野球が出来る体作りを一番に行います。
<御問い合わせは事務局まで>
事務局  携帯 090-1805-3341(ショートメール可)

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。