FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年2月2日の体験会の様子

2013年2月2日 体験会を行ないました。


午前中は長屋グランドで冬のトレーニングメニューを体験してもらいました。

普段は3時間行なうのですが、今回は体験用にダウンサイズして2時間ほど筋トレと、走り込み、ティーバッティングをしました。

2013taikennkai0202-1.jpg

筋トレは個人に合わせたメニューを組みました。

夫々家に帰って自分で出来るようにしてあるので、是非どこで野球をする事になっても、

怪我をしない体を作る為に続けて欲しいと思います。



午後は八千代中央グランドで、50m走、遠投の測定、フリーバッティング、各ポジションに分かれ守備の練習を行ないました。

今回はルールの勉強を交えながら、実践的なシンキングベースボールを体験してもらえたと思います。


2013taikennkai0202-5.jpg

2013taikennkai0202-2.jpg

どこで野球をされるにしても、出会った限り必要な指導を行い、何かを得て帰って欲しい。

その思いはトレーニング部設立当初から、変わらない理念です。

広島の野球をスポーツを底上げするお手伝いをして行きたい。
三年目の今年、新しく選手を迎えるにあたって益々その思いを新たに気持ちを引き締めて取り組みたいと思います。


<後日談>
 
 監督が結構きびしめのノック指導を行なって居られたので、事務局としては内心「体験の子供さんだから、程ほどで、楽しく受けてもらった方が良いのでは、、、。これで嫌になってしまわないだろうか(><)」と冷や冷やしていました。 後日聞いたのですが、

「今日、たった一日でも俺の所に来てくれたからには、みんな俺の所の子供だ。
 俺はお前達の出来ていない所を本気で鍛えてやるから、そのつもりで受けてくれ。
 体験だからって俺は、手を抜かない。それでは体験に来てくれた君達に失礼だ。
 高陽の高度な野球を体験したくて来てくれたのだから、俺は本気で指導する。」

と言われてノックに入られたそうです。

なるほど、それで二遊間の連携プレーや打者を立てての実践的なキャッチャーとピッチャーのカバーの仕方など、難しい練習を出来るまで続けていたのだと、納得しました。

「例え俺の所で野球をしなくても、中学でこれを分からないでどこかで野球をするなら、致命傷になる。
 見過ごせない」

といわれていました。


強面ですが、本当に一人一人の成長の為に心を尽くされる監督らしい言葉だと感心しました。

是非、そんな顔は怖いけど心は優しい、監督の指導を受けてください。
いつでも体験は受け入れています。
スポンサーサイト
プロフィール

高陽シニア

Author:高陽シニア
広島・高陽リトルシニアは
2011年度シニアリーグに加盟!!
中学生の硬式野球部です。
<< 随時 体験受付中!!>>
「硬式は体を壊す」との風評がありますが、それは硬式野球を出来るだけの体をトレーニングで作らず、投球制限も、天候や気温によるダメージを考慮せずに無茶な野球を行った結果起こる物です。
高陽シニアは本気でプロ野球選手を目指す選手が怪我で夢を諦める事が無い様に、上の野球が出来る体作りを一番に行います。
<御問い合わせは事務局まで>
事務局  携帯 090-1805-3341(ショートメール可)

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。