FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年度 選手募集・体験会開催のお知らせ

2012年度新規募集に伴う 硬式体験会 のお知らせ

 ☆他では絶対に真似できないトップレベルの指導を行ないます。是非体験してください!!☆

2012taikennkai.jpg



<日程>

11月27日(日) 
☆12月11日(日)
オススメ関西からATSUSHIトレーナー↓が来広して指導を行ないます!!
1月22日(日) 
2月12日(日)
 

                ものすごい肉体を誇るATSUSHIトレーナー 


時間:10時~5時ごろまで
資格:広島県内在住・本気でプロ野球選手・甲子園を目指している来年中学1年~3年

   ※上記以外いつでも見学体験OKです

場所:高陽リトルシニア専用球場(八千代町長屋グランド)

<体験会内容>
50m走タイムトライアル・遠投・守備・ロングティー・投球 ・硬式練習体験会
 
<用意する物>
練習着・帽子着用・バット・グローブ・スパイク・弁当・水筒・チーズ2個

不安箇所のある方は事前にご相談下さい。
トレーナーによるメディカルチェックを行ない、適切なケアの指導を致します。


必ず事務局 090-1805-3341(前山) まで事前に御申込下さい。

類似のうたい文句を掲げるチームや団体が増えてきていますが、本物は1度体験すれば分かります。
是非この機会にトップレベルの野球・トレーニング・礼儀指導を体験下さい!!!!





スポンサーサイト

食事とトレーニングの大切さ

実は秋季大会直前に一人故障者が出てしまいました

右ひじ内側側副靭帯の剥離骨折。いわゆる遊離軟骨。ねずみってやつです。

高陽リトルシニア指定の病院で下された診断は「全治4ヶ月」。「もう外野やピッチャーは難しいかも」、とも。

監督はすぐに

「怪我はわしの責任。すまなかった。」

と言われました。


そこから、徹底した食事の管理がトレーナーにより行なわれました。

子供は回復が早い。もしかしたら軟骨が吸収されてくっつく事もあるから。
そのためには食事の管理と、固定。安静が大切だと言われました。

お母さんも毎日の食事の準備は大変だったと思います。

何より、怪我をした時の子供さんのショックは計り知れません。
楽しみにしていた秋季大会も、目の前なのに、、。
選手も苦手な食材を我慢して毎日取るようにがんばりました。


その成果はすぐに出ました。

ギブスは3週間で取れ,全治4ヶ月と言われた、軟骨は吸収され、ねずみは消えていました。

後は、リハビリです。
ここで焦ったり、無理をしては素も子も有りません。
トレーナーにより、彼の為の復帰までのメニューを組んで、プログラムしていきます。

春の大会に向けて。


改めて、適切な食事の管理と、トレーニングの重要性を知ったこの度でした。

hk26.jpg












メンタルトレーニング教室参加

バッティングセンター:ビバーチャ共催のPacific Sports Club「夢実現プロジェクト」に参加しました。

今回の「メンタルトレーニング上級編」

秋季大会は初出場の緊張もあって、惨敗してしまいましたが、
この敗戦から見えてきたものは やはり

「メンタル」

メンタルが弱い。
試合になったら緊張して自分の野球が出来ない。

それは結果に対する言い訳ですよね。

「声を出せ」と普段の練習で各チームの指導者からいわれるのはどうしてか?

「集中力を高める為」
「普段から声を出していないと、試合の時に緊張したら連係プレーなんかで失敗するから」

等の意見がでていました。

これでは40%の正解だそうです。
残り60%は皆さんも考えてみてください。

キーワードは「心理的準備」

普段行なっている練習、勉強している事、ノートに書いたら忘れておしまい。
それでは何も身にならないですよね。

魔法の杖は無いのです。

普段のトレーニングをいかに自分を追い込んで人が見ていないところでも出来るか。


「より勝ちたいと思った方が勝つ」


コーチが言われた言葉です。

普段からいかに自分の気持ちを強く持って自分を律する事が出来るか。
それは自分の「勝ちたい」と言う気持ちなんだ。

この敗戦で何を学んだのか、学んだことから自分をどこまで追い込めるのか、
どれだけこれから「勝ちたい」と思うか。

これからの高陽シニアの成長を見守って行きたいと思います。

皆真剣に聞いています
プロフィール

高陽シニア

Author:高陽シニア
広島・高陽リトルシニアは
2011年度シニアリーグに加盟!!
中学生の硬式野球部です。
<< 随時 体験受付中!!>>
「硬式は体を壊す」との風評がありますが、それは硬式野球を出来るだけの体をトレーニングで作らず、投球制限も、天候や気温によるダメージを考慮せずに無茶な野球を行った結果起こる物です。
高陽シニアは本気でプロ野球選手を目指す選手が怪我で夢を諦める事が無い様に、上の野球が出来る体作りを一番に行います。
<御問い合わせは事務局まで>
事務局  携帯 090-1805-3341(ショートメール可)

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。