スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学への道 2期生続々進学きまる。

秋季大会も終わり、続々と 卒団生の進路が決まっていく季節になりました。


皮切りに ビッグな嬉しい報告がはいりました!!!

2期生の杉村泰嘉くん
法政大学に進学が決定・発表がありました。


コーチの後輩になるんですね、、

努力してきた彼を、高陽シニアとしては
応援していきたいと思います。

発表できるようになった順に卒団生の進路もどんどん発表していきたいと思います。




スポンサーサイト

2016夏の甲子園 始まる!!

2016年 夏の甲子園 いよいよ開幕です!!

今年は卒団生が在籍する高校が3校も出場できる 本当に奇跡のような夏の甲子園です!!
image2.jpg


早速 尽誠学園へ行った2人の卒団生が甲子園の開会式の後、甲子園土産を持ってグランドにあいさつにきてくれました。

高校へ行ったら、簡単には見てもらえるチャンスは回ってこない。

チャンスの時に失敗したり、いい加減なプレーや返事、挨拶、礼儀が出来ていなかったら

二度と見てもらえない。

次に見てもらまでにはすごく長い時間がかかってしまう。

地道に当たり前にするべきことをコツコツとやていたら、誰かがみてくれている。

チャンスは早く回ってくる。

この高陽リトルシニアで一番監督が大事にしている、

野球ができる事への感謝、礼儀、挨拶、気配り、思いやり、

ワンプレーを大事にすること、道具を大事にすること。

グランドをきちんとならす事。

絶対に大事だから。 きちんと身に付けて実践してください。」

3期キャプテン 岡田君が彼らしく誠実な言葉で
後輩たちに高校へ行って感じたことをアドバイスしてくれました。

今年はベンチには入れず応援ですが、

きっと来年は彼のコツコツと積み上げた努力が認められる


のではないか、、

と期待しています。



高陽シニア 卒団生 甲子園出場決定!!

高陽シニア 卒団生 甲子園出場決定!!!
 
新庄高校(広島)
2期生 杉村泰嘉君 
2期生 井上剛志君  3期生 筒井壮太郎君 飯田直樹君  4期生 飯田文哉君 矢崎仁君

創志学園(岡山)
2期生 高井 翔君
2期生 池田健志郎君  3期生 永井健新君 岡本渉児君 4期生 川崎翔君 杉村慈紀君

尽誠学園(香川)
3期生 岡田 侑樹君  4期生 渋谷 正剛君

こんなに卒団生がお世話になっている学校が沢山甲子園に出る事になるとは!!
一体何人分奉加帳が回るのでしょう!!本当に嬉しい悲鳴です。



と 努力家の杉村くんが新庄に入ってからの悩める日々でグランドに相談に来た時に
当時の高陽シニアの練習を見て 
「こいつらは甘い。高校に成ったら誰も優しくは教えてくれない。
こんなに教えてもらえるのは幸せなことなんだから、今努力しないと高校入って後悔する。」
とつぶやき、こういいました。
「みんなと同じことをしていたらだめだ。練習が終わってからどれだけ自分で努力できるかだ。」
と。
本当に彼の実感がこもっていて、胸に迫るものが有ったのを昨日のことのように思い出します。(T_T)

苦しいことが多い高校野球で、来る日も来る日も努力して
血反吐を吐いて掴んだレギュラーの座。
そして2度の甲子園出場。

野球の神様が振り向いてくれたのでしょうか。

「いつか甲子園に教え子たちが出てくれたらいいね」と夢を見ていたことが、
こんなに早く実現し、そして、もしかしたら卒団生同士で対戦するかもなんて!!


ちなみに 我がイケメンコーチ出身校である出雲高校(島根)も甲子園出場が決まりました。
本当になんだか今年は 「何かある」

明日から 地獄の合宿です。
高陽っ子たちには本当にいい刺激になりました。

先輩たちもここで大きくなったのです。
ばっちりサポートするのでしっかり頑張りましょう。




第4期生 旅立ちの時…

第4期生 旅立ちの時…

第4期生10名は、それぞれの中学校での卒業式を終え、いよいよ高校入学の準備に入りました。

すでに3/20に入寮した子供達もいます。

去年8月に卒団してからも、週末のグランド練習や、平日の体育館トレーニングを続けてきました。

高校野球で壊れない体を作るため、また技術を更に高めるためです。

冬のある日に高陽シニアで行ったトレーニングが、

西武ライオンズやDeNAベイスターズのキャンプ映像の中で映っていました。

自分たちが教えてもらったトレーニングをTVの中のプロ野球選手がやっているのを見て

子供達はびっくりしたようです。


高陽で教わったホンモノのトレーニング、高校に入っても真面目にコツコツ取り組んでほしいと思います。



またキャッチャーについては、高校でも強豪校以上でしか知らないような配球、

インサイドワーク、カバーリング等を指導してもらいました。

必ずや高校で花開かせてくれるものと信じています。

旅立つ彼らに監督から一言。


「高校という新たなフィールドへ飛び出し、これまで学んで来たことと違うことや、
時に理不尽なことに出くわすこともあると思う。
そんな時も自分の“芯”は決してぶらさず、乗り越えて行って欲しい。
お前たちのこと、簡単に投げ出すようなことはしないと信じているが、
どうにもならない時はいつでもここ高陽に帰っておいで。

頑張れ、第4期卒団生!
頑張れ!!4期生


参考) 第4期卒団生10名の進学先 (高校名50音順)
広島県内:工大高 1名、国泰寺 2名、新庄 2名、宮島工 1名、基町 1名
広島県外:尽誠学園(香川) 1名、創志学園(岡山) 2名

週末のグランド練習、平日の体育館トレーニングともに、いつでも見学可能です。
お気軽に前山(09018053341)までご連絡ください。その際「高陽シニアの件で」と必ずお知らせください。

高陽シニア2期生  選抜出場!!!

 夏の甲子園に続き、選抜にも卒団生が出場(予定)!

15年夏の甲子園、新庄高校(広島)のセカンドとして大活躍した杉村泰嘉君に続き、

3月20日に開幕する選抜高校野球大会の中国地区代表として出場する創志学園(岡山)で、

また高陽リトルシニア卒団生が聖地を沸かせてくれそうです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


3月4日の中国新聞6面の「記者縦横欄」によれば、

高陽リトルシニア2期生の高井翔くん(創志学園2年)は、

持ち味の長打力で4番に座ってくれそうです。
長打も魅力ですが、ここぞという場面で、
勝利に貢献できるチームバッティングをしてくれるものと
期待しています。
高井翔くん(高陽卒団大会)

創志学園には、

高井翔くん、池田健志郎くん(2期生)、
岡本渉児くん、永井健新くん(3期生)

の卒団生4名が入学しています。

また、今春には

川﨑翔くん、杉村慈紀くん(4期生)2名も入学予定です。


「高校野球の準備」
をチームの基本方針として掲げる
我が高陽リトルシニアの卒団生が、
こうやって各高校で華を咲かせ実を結んでくれていることを、
チームとしても非常にうれしく思っています。


高校野球で通用する心、体、技術を身につけたいと考えている子供達、

父兄の皆様、ぜひ高陽リトルシニアで一緒に野球をしましょう。

翔トレーニング

高井君(写真中央正面)池田君(写真左奥手前)トレーニング風景(当時中学1年)

週末のグランド練習、平日の体育館トレーニングともに、いつでも見学可能です。
お気軽に前山(09018053341)までご連絡ください。

広島新庄高校 甲子園出場 第2期生 杉村泰嘉 君 メンバー入り!

広島新庄高校 夏の甲子園初出場おめでとうございます!!
 
我が高陽シニア 2期生 杉村泰嘉 君がセカンドで 出場いたします。

KC3D0475.jpg


合宿中は辛い練習中にも 卒団生の活躍が各地で始まった地方予選で 次々と報じられ、

途中、途中でワンセグ見ながら、応援もしていました。

工大高 対 新庄高校 では 高陽2期生同士が2年生でレギュラーで接戦を繰り広げ、

岡山県では同じく2期生がメンバー入りしている創志学園が決勝進出。惜しくも敗退。

しかし、新庄高校は夏の甲子園初出場を決めてくれました!!




いつか卒団生が甲子園に出場してくれたら嬉しいね。


と言っていた夢が こんなに早く叶うなんて、本当に嬉しく、誇らしく、

優勝が決定した時には彼の色々なエピソードが走馬灯の様に思い出され、涙が出ました。


とにかく野球が大好きで、小学校の時から足が速く、夏の合宿では進んで班長を務めてくれた。

でも中学では足を痛めて、長い間その俊足を生かしきれず、悔しい思いをした、頑張り屋の彼。

背が伸びず 本当に悩んで、悔しくて、でも

「お前は小さいなりに選球眼を伸ばして、

とにかく塁に出て、コツコツ足で稼ぐ選手に成ったらええ、ホームランなんか狙うな、

ヒットでええ、強いゴロ出せば チームの得点になるのだから。

バンドが確実にできて、監督の意図を確実に実行できるそんな選手が一番高校では重宝されるんだ。」


と監督から言われて、自分に合った野球を誰よりも努力して身に付けた 中学3年間でした。


その情熱からちょっとねじれた事もありましたが、偏に野球に対する熱い情熱のなせる業。

卒業まじかに足が全く痛くなくなり、思い切り走れる、バットが振れる、高校で思い切り野球ができる。

野球への情熱と、悔しい思いをしたからこそ 人一倍頑張れるのだと思います。


頑張れ!!やす!!!


監督の教えを胸に、腐らず頑張ってきたから今がある。
image1.jpeg

高陽シニアはチーム一同 応援しています!!!


成績表


 
<

第3期 卒団生進路

第3季卒団生 は 高校野球へそれぞれ巣立って行きました。。

3期生 卒団式 号泣


<県外>
 (岡山) 創志学園 2名  (香川) 尽誠学園 1名

<広島県内>
新庄 2名 ・ 瀬戸内 5名 ・ 修道 1名 ・ 祇園北 2名 ・ 吉田 1名 



県外で寮生活を送る子。勉強と両立する道を選んだ子。
東大でプロ野球選手になる!と決めた子。

色んな思いを抱えて、不安でいっぱいで、道は別れても、

帰ってくる場所はいつもあるから。

しっかり悔いの無いよう、高校というステージで思い切り頑張って欲しいとおもいます。



なかなかブログを更新できなくてご心配をおかけしました。

2014年 春 卒団生の旅立ち

2014年 3月 いよいよ8月卒団後も、一緒にトレーニングに励んできた3年生の旅立ちの時がやってきてしまいました。

みんなありがとう トレーニング最後のあいさつ

3年生で最後まで一緒に活動したのは5人。

内4人は私立で夏までには行き先が決まっていました。

内1人は公立志望で受験をし、最後まで勉強とトレーニングの両立に励みました。

彼は文武両道の責任感の強い、本当に素晴らしいキャプテンでした。


歴史が浅く、個性的なメンバーだらけの、チームを皆を思いやり、何とか1つにまとめようと、

苦慮し、トラブルが続いたシーズン中、心労から遠征中に倒れてしまった事もありました。

3年生で一人だけ受験のプレッシャーと戦いながら、けして腐らず、そのプレッシャーと戦い見事に受験を勝ち抜きました。



彼は、他メンバーが入寮の朝、その子の自宅まで一人走って行って、見送りをしてくれたそうです。

見送りされた子のお母さんが

「朝入寮の為に出ようとして車のとこまで降りたら、キャプテンがおって、
「どしたん!こんなとこまで、どうやってきたん?」ってきいたら、「あ、走ってきました。」って言って、
外でずっとまっとってくれたんよー。

「御互いがんばろうなー。甲子園いこうなー」、って二人で握手したりしてねー。
ほんま涙が出そうじゃったわ。ほんまに皆を思いやれる素晴らしいキャプテンじゃね。」

と感動されていました。

彼は、卒団時にくれた寄せ書きにも、スタッフの事まで

「今までずっとグランド等を用意して頂き、ありがとう御座いました。
スタッフの皆様のおかげで自分達は練習、試合が出来ました。

今まで本当にありがとうございました。」

と書いてくれていました。

中学生でこんな気遣いの出来る子がいるものだろうか、と本当に驚くと共に、

小学5年生で地域のスポーツ少年団の練習で肘が曲がらなくなって、トレーナーに見ていただいた

出会いの頃の小さくて細くて、余りしゃべらず、着替えの時には恥ずかしくて隅っこに隠れていた、頼りない彼を思い出し、

子供の成長とはかくもすさまじきものかと、感動しました。
キャプテン初試合


また、このチームを作るきっかけとなった、かれも、高校野球をまっとうし、今度は大学野球にステージを進めることなり、一足先に岡山の大学に入寮いたしました。

彼も、高校卒団後、一緒にトレーニングを行ない、土日は時間が許す限りチームに来て、高陽メンバーと共に汗を流し、ノックをしてくれました。

彼が最後の練習参加の日に

「素晴らしい指導陣だから、信じて言うとおりに努力したら、絶対に間違いはない。
こんなすばらしいチームはないんだから。しっかり頑張れよ。」

と檄を飛ばしてくれました。
しっかりやれよ


いよいよ本当に夫々の旅立ちのとき。


寂しくも有るけれど、希望を胸に新しい道へ進んでいきます。



私達は見守ることしか出来ないけれど、監督が卒団のときに言われたように、高陽リトルシニアと言う港を旅立つ彼らのために、いつまでもこの港を守って行きたいとおもいます。


疲れたら、いつでも帰っておいで!!


とは言え、あんまり早くに逃げ帰ってはこまりますが、、、、


胴上げ


第2期生 進路 岡山・創志学園 2名(特) 広島・新庄高校 2名 観音高校 1名
トレーニング卒業生 進路 岡山・IPU環太平洋大学 1名 広島・国際学院大学 1名 


卒団生のそれから。

この春卒団した1期生の高校野球もいよいよ本格始動。

10月に入って、1年生大会が有りました。


1期生も 山陽・瀬戸内 夫々の高校でレギュラーメンバーとして活躍したとの嬉しい報告を頂き、

本当に高陽リトルシニアで高校野球の準備として猛練習した成果が出てきているのだと、痛感しました。


中でも瀬戸内高校は優勝。1期生がファーストとして出場し打点を挙げたとのこと。

わきあいあい。仲良しクラブの高陽時代とは違い、厳しい高校野球の洗礼を受けて悩んでいた彼も、これで自信がつき、成長していけるのではないでしょうか。


卒団しても、体を壊したり、悩んだり、傷ついたり、そんな時はいつでも戻って来られる。


高陽リトルシニアはそんなチーム作りをしています。

卒団生の進路

2013年 第1期 山陽高等学校(広島)・ 瀬戸内高等学校(広島)
プロフィール

高陽シニア

Author:高陽シニア
広島・高陽リトルシニアは
2011年度シニアリーグに加盟!!
中学生の硬式野球部です。
<< 随時 体験受付中!!>>
「硬式は体を壊す」との風評がありますが、それは硬式野球を出来るだけの体をトレーニングで作らず、投球制限も、天候や気温によるダメージを考慮せずに無茶な野球を行った結果起こる物です。
高陽シニアは本気でプロ野球選手を目指す選手が怪我で夢を諦める事が無い様に、上の野球が出来る体作りを一番に行います。
<御問い合わせは事務局まで>
事務局  携帯 090-1805-3341(ショートメール可)

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。